空き巣・泥棒の手口を知って、“防犯対策”を

侵入窃盗の手口別発生状況

平成24年度の認知できている侵入窃盗の発生件数は115,155件で、このうち空き巣の占める割合は37.8%となっています。

侵入窃盗の手口別発生状況

空き巣

家人等が不在の住宅の屋内に侵入し、 金品を盗むこと

出店荒し

閉店中の店舗に侵入し、金品を盗むこと

事務所荒し

会社、組合等の事務所に侵入し、 金品を盗むこと

忍込み

夜間家人等の就寝時に住宅の屋内に侵入し、 金品を盗むこと

金庫破り

事務所等に侵入し、金庫を破って金品を盗むこと

居空き

家人等が在宅し、昼寝、食事等をしている 隙に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと

倉庫荒し

倉庫等に侵入し、金品を盗むこと

病院荒し

病院、診療所等の建物に侵入し、 金品を盗むこと

侵入窃盗の場所別発生状況

侵入窃盗の場所別では、住宅が59.1%を占めています。内訳は、一戸建て住宅22.2%、集合住宅36.9%となっています。
※「集合住宅」~「一戸建て住宅」以外の住宅で、主にマンションやアパート等をいいます。

侵入窃盗の場所別発生状況

主な侵入手口(手法)

ピッキング 鍵穴に針金に似た特殊工具を挿入して、カギを開けて侵入する手口。
マンション・一戸建てにかかわらず、泥棒被害の約90%がこの手口。
ピッキングという開錠技術を習得すれば、わずか1分で空きます。
不正な合鍵での侵入 他人のカギを無断で複製し、合い鍵を使って侵入する手口。
庭の植木鉢やポストにカギを保管していたり、賃貸住宅で以前の住人の時からカギが換わっていなかったり、内装業者にカギを渡していたり等
サムターン回し 郵便受けを破壊して手を入れたり、特殊な工具を差し入れ、サムターンを直接回して侵入する手口。
サムターンとは、室内からカギを開け閉めするつまみの事です。
ガラス破り ガラスを破り、直接手を入れてクレセントを回し、侵入する手口。
住宅・オフィス・店舗等で簡単に割れるガラスが多いです。

効果的な“防犯対策”のご提案


ページトップへ