鍵の出来るまで

どのように作られているかご存知ですか?
家の鍵や車・バイクの鍵、金庫の鍵、ロッカーや机・スーツケースなど私たちの周りには色々なところで 鍵が使われています。
普段、何気なく使っている鍵ですが、ひとつずつ形が違う鍵…どうやって作っているのでしょうか。
今回、日本カバ社にご協力いただき鍵の出来るまでをご紹介いたします。

カギの作製

1
鍵の設計
作成画像 鍵の編成(鍵のくぼみ)を1本ずつコンピュータで設計します。
※Kaba star neoの理論鍵違いは約2兆2000億通りになります。
2
鍵の切削
作成画像 ひとつひとつ異なる編成(鍵のくぼみ)データを スイス製高精度キー切削専用マシンが読み込んで削る深さや角度など正確に切削します。
3
出来上がった鍵の検査
作成画像 高精度キー切削専用マシンで切削した鍵のくぼみをひとつずつ1/100mmの 高精度で検査します。

シリンダー(鍵穴)の作製

1
シリンダーの組み立て
作成画像 コンピュータで設計されたキー編成(鍵のくぼみ)を元にひとつひとつ手作業で組み立てます。 小さなバネやピンなどのパーツがたくさんあり、 非常に細かい作業になります。
2
シリンダーの検査
作成画像 キー切削専用マシンで切削した鍵が正常に回転するか、組み立てたシリンダーで ひとつずつ確認します。
3
最終組み立て
作成画像 検査をパスしたシリンダーにパーツを取り付け、 最終の組み立てを行います。
4
梱包作業
作成画像 組み立てが終了したシリンダーを綺麗に梱包して完成です。

非常に精密なシリンダーもひとつひとつ手作業で丁寧に組み立てられています。
快適にご使用いただくために定期的なメンテナンスをおすすめします。
また、長期間安全に使用していただくため、日本ロック工業会では 錠の耐用年数を一般錠10年/電気錠7年と制定しています。
命や財産を守る大切な鍵…この機会に一度見直されてはいかがでしょうか。

今回、製造工程をご紹介したシリンダー
メーカー KABA 防犯性能
名称 カバスター ネオ 溶解耐久性能 CP認定あり
カギ本数 5本 専用解錠工具対策 耐カギ穴壊し性能 10分以上
カギ違い数 2兆2000億通り バンピング対策 耐ピッキング性能 10分以上

【特 徴】
・キー番号の鍵登録システムで不正なスペアキーの作製を防止
・進化する不正開錠に対応、次世代ピンタンブラー方式を採用
・1/100mmの高精度切削技術(特許)により、KABA以外での不正コピーを防止
・使いやすいリバーシブルキーと挿入しやすいスリバチ状のカギ穴を採用
・MIWA・GOAL・SHOWA等主要ロックメーカーの錠前と交換可能
・合鍵は安心のメーカー発注

ご協力いただいた会社のご案内

日本カバ株式会社
〒226-0006神奈川県横浜市緑区白山1-18-2 ジャーマンインダストリーパーク内

精密機械工業が盛んな防犯立国スイスに誕生したKabaは、長い歴史と世界からの信頼を誇る世界60カ国以上で活躍するグローバルカンパニーです。
Kaba社の製品はヨーロッパはもちろん、アメリカ、アジアなどグローバルにシェアを広げ、スイスの銀行やルーブル美術館をはじめ、世界の空港、官公庁、オフィスビル、スタジアムなどさまざまな場所で採用されています。
キーシリンダーにおいては70年以上にも及ぶ経験を持ち、高精度切削技術によるディンプルキーと頑強なピンシリンダーを開発。
日本でも30年以上に亘りシリンダーの開発と製造を行っています。
1934年に最初のリバーシブルディンプルキーを開発、また国内初の「鍵登録制度」を導入するなど、幅広く多様性に富んだセキュリティ製品とソリューションを取り扱っています。


ページトップへ